メインコンテンツ

雑記

プログラミングレッスン

PHPでプログラミングを行うための開発環境の作り方をまとめてみた

スポンサーリンク

こんにちわ、マルシェです。

Webサイトを作ってみたくてPHPに興味を持ったけど開発環境を
作るという最初の段階でつまづいてしまう人が多いと思うので、
開発環境の作り方をまとめてみました。

正直、開発環境を作るのには自分も苦戦しました。

この記事を見れば約1時間程度でPHPの開発環境を構築できるのでつまづいてる人、
今からPHPに挑戦しようと思ってる人は是非読んでください♪

サーバーを用意する

まず、PHPで作ったプログラムを動かすにはサーバーが必要です。
PHPはサーバーサイドスクリプト言語と言ってサーバーで動きます。

一番簡単で安くすむのはレンタルサーバーを借りることです。

value-serverのエコプランなら初期費用も合わせて年間3000円で借りれます。

www.value-server.com

自分もサーバーは詳しくないのですが、PHPの勉強くらいならある程度の容量があることと
DBが1つ使えれば可能なのでこれで十分です。

無駄に高スペックなレンタルサーバーを選んでしまうと固定費が増えるので注意しましょう。

スポンサーリンク

エディタを用意する

次にプログラミングを効率的に行うためのエディタを用意します。

エディタを使わなくてもサーバーに直接コードを書くという方法もあるのですがこれは本来の
やり方ではないですし、やってみるとわかるのですがかなり面倒な作業になります。

自分がおすすめするのはPhpstormです。

www.jetbrains.com

Phpstormは予測変換機能でコーディングをアシストしてくれたり、スペルミスを教えてくれたり
とても親切です。

また、ファイルを保存するタイミングでサーバーにファイルをアップロードするftp機能も備えているので
ストレスなくコーディングできます。

値段は年間約9000円、まあまあの金額なので最初はサーバーに直接コードを書いてみて、学習を
継続できるなあと思ったら購入するのをおすすめします。

Phpstormの環境設定

ここではPhpstormの環境設定について書きます。

サーバーはvalue-serverを例に、public_html内にkijiというフォルダを作ってそのフォルダにphpファイルを保管していく場合の
やり方を説明します。

1.Create New Project from Existing Filesを選ぶ。

2.Web server is on remote host,files are accessible via FTP/SFTP/FTPSを選び、Nextを押す。

3.Project Nameにはプロジェクトの名前(例:kiji)を入力し、Nextを押す。

Nameにはサーバの名前(例:mmr)

FTP host:(例:e5.valueserver.jp)

Port:21

Root path:(例:/public_html/kiji)

User name:(例:yuuki)

Password:****

Save passwordをチェック

Web server root URL:(例:http://mmr.e5.valueserver.jp/kiji)

Don’t check HTTP connection to serverをチェック

4.Web path for project rootで/を入力し、Finishを押す。

環境設定はこれで終わりです。更に下記の設定を加えておくとファイル保存時に自動でファイルをサーバーにUPして
くれるようになります。

5.左側のkijiを開くとファイルがあるのでそれを開く。

6.メニューの「PhpStorm」の[Preferences](環境設定)の

[Build,Execution,Deployment]の[Deplyment]の「Options」で

「Upload changed files automatically to the default server」を

「Never」から「On explicit save action」にして、OKを押す。

わからないことや説明通りやってもうまくいかないというところがあればfacebookかtwitterで連絡頂ければ
対応します^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする